外見はコミュニケーションの第一歩

外見はコミュニケーションの第一歩

こんにちは。
横浜のイメージコンサルタント
今井晶子です。

ゴールデンウィークからようやく日常に戻ってきました。
毎日の長男のお弁当作りがまだちょっと面倒ではありますが、、、(汗)

さて、今日は子どものお洋服について

以前、こちらのブログでも書きましたが、長男は大変小さく生まれましたので、今でもとても痩せています。中学入学と同時にスポーツの部活に入り、今では少し逞しくなりました。

小学生時代は本当に折れてしまいそうなくらい痩せていたので、洋服にはとても気を使っていたものです。華奢で貧相、だらしなく見えがちな第一印象をプラスに変えられるように、いつもきちんと感のある爽やかな装いを心掛け、洋服を選んでおりました。

具体的には、

①襟付きのトップスにする。
主に夏やポロシャツ。冬も襟付きのラガーシャツ系。
被りのもので、且つ襟付き。

②しっかりとした素材で、ハリのあるもの。
ポロシャツもかのこ、ジャージー生地は×

③明るくて、鮮やか、爽やかな色目
白やピンク、水色、蛍光イエロー&グリーン、ネイビーなど

④ボトムスは綺麗めのストレートジーンズ
ハリがあるので下半身の華奢さがカバーできる。

イメージコンサルタントとしてあらためて振り返ると、どちらも理にかなったスタイルに思われます。襟があることで胸の厚みを出し、ハリのある素材で線の細いボディラインをカバー。明るく鮮やかな色目で埋もれてしまいがちな存在感に華やかさをプラス。ハリのある、長め丈のボトムスで下半身に安定感を。

発達の凸凹でコミュニケーションが得意でない子どもへの配慮として、外見を整えることは人間関係作りでかなりのアドバンテージになることがあります。

外見は、コミュニケーションの第一歩。

第一印象を管理することで、私は少し気持ちが強くなれる気がしていました。
もしよろしければ是非お試しになってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

印象管理コンサルタント
今井晶子

パーソナルカラー診断
骨格診断

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)